個人輸入で薬を買うリスクとは?

薬の個人輸入代行で有名なサイトは幾つかありますが、その実態やリスクについて知っていますか?

日本国内で入手する事ができない海外の薬を、個人輸入代行で手に入れる事ができますが、日本の薬事法では未承認の薬を宣伝広告する事ができないのです。

しかし、違法なサイトは未承認の薬の宣伝や広告が行われていたり、一般のブロガーによって違法な宣伝をさせているのだそうです。

ある有名な個人輸入代行のサイトは本拠地が香港ですが、実際の住所には会社名の記載がなく、バーチャルオフィスのような状態だったのだそうです。

違法なサイトはドメインを停止できるため、何度もサイトのURLが変わっている会社には注意が必要ですよ。

個人輸入代行で薬を購入するのは、自己責任だという事を理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です