漢方薬の特徴と種類について

漢方薬は体調と体質に合わせて選ぶため、同じ症状でも服用する漢方薬は人それぞれ異なるのですが、他にどんな特徴があるのでしょうか?

漢方薬は、煎じ薬と呼ばれる湯剤と、丸剤と散剤、エキス製剤と外用剤である軟膏剤という種類があり、最も伝統的な漢方薬である湯剤は症状に合わせて複数の生薬が配合されるため、一人ひとりに合わせて調合する事ができるのです。

散剤は生薬を粉にした物であり、丸剤は散剤に蜂蜜などを加えて丸めた物で、エキス製剤は、漢方薬を顆粒に加工した物であり薬局で購入する事ができますが、効果は煎じ薬ほどではないのだそうです。

漢方薬は同じ病気であっても、人によって異なる漢方薬が使われていますが、違う病気に対して同じ漢方薬を使う事もありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です