消毒液は使うべき?使わないべき?

切り傷や擦り傷等のちょっとした怪我は、以前は怪我する度に消毒をしてガーゼ等で保護するのが普通でしたが、近年では消毒液で消毒をすると逆に治りを遅くしてしまうという考えが広がっています。

実際の医療現場でも明らかに感染していない場合には、消毒液を使わないことが増えてきているそうです。
もちろん消毒液で細菌を殺菌することは良いことなのですが、消毒液が傷口に入ってしまうと、怪我を治癒しようとして生まれた皮膚細胞などの生成も邪魔してしまうことになります。
傷を治したいのなら怪我直後に水で患部を清潔にし、出来るだけその清潔な状態を保つことが大切とされています。

もちろん消毒液が必要ない訳ではなく、ようは傷口に付けることが問題なので、病気の予防防止として手に消毒液を付ける、というような場面では非常に効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です