風邪薬で風邪は治らない?

薬は怪我や病気を治してくれるものとして無くてはならない存在ですが、その中でも最も身近といえるのは風邪薬ではないでしょうか。

風邪はウイルスが体の中で増えることによって起こりますが、風邪薬にはこのウイルスを倒す力はありません。
では、風邪薬はどうやって作用するのかというと、ウイルスによって引き起こされる風邪の症状、例えば頭痛やくしゃみなど抑える力があるのです。

風邪による発熱や鼻水などの諸症状は体がウイルスと戦っている証ですので、下手に症状を止めると風邪が長引いてしまうことがありますが、あまりにも症状が酷いと体への負担も大きくなり、体力も落ちてしまいます。
そういったあまりにも強すぎる症状を抑えて体力の衰えを極力減らすのが風邪薬の役目と言えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です