妊婦と風邪薬の関係

妊婦さんや産後のお母さんは、赤ちゃんへの影響から特に薬の取扱いには注意しなければなりません。

妊娠中に風邪を引いてしまったから風邪薬を飲みたいとなっても、医師から処方されたものを含めて極力服用は避けるべきです。
中には赤ちゃんに影響がないというものもありますが、やはり飲まないに越した事はありません。

では風邪薬を服用してしまう事で赤ちゃんにどのような影響が及ぶかを周期によってご紹介致します。
まず妊娠初期から3週目の頃ですが、この時期はまだ妊娠に気付いていない場合も多く、万が一気付かずに薬を服用してしまったとしても殆ど影響はないと言われています。
4週目から7週目が最も危険で、この時期は赤ちゃんの中枢神経や心臓、手足等の器官が出来る時期となり、薬の服用によって赤ちゃんの奇形が出てしまうデータもありますので、特に注意してください。

続いて8週目〜15週目は影響として少ないとは言われていますが、やはり注意する必要があります。
16週以降の安定期は一応飲んでも良いと言われる時期に入りますが出来るだけ避け、どうしても辛い時に医師の診断を受けた上で服用するようにすると安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です