点鼻・点耳薬の使い方

普段使う薬の中もで馴染みの無い方が多い点鼻・点耳薬は、季節の変わり目やアレルギーの薬として使われることが多いです。

点耳薬は消炎や殺菌、耳あかの軟化を目的として使用されます。
容器を2、3分手で温めてから点耳する耳を上にするように横向きに寝て、耳たぶを後ろに引っ張って耳の中に薬を適量いれてください。
薬を入れてからはすぐに身体を起こさず、5分くらい同じ姿勢を保ってから頭を戻すのがポイントです。

点鼻薬は鼻に塗るものから吸引するものが一般的で、アレルギー性疾患の治療に用いられます。
吸引するタイプは事前に鼻を軽くかんだら容器の先を鼻の中にいれ、鼻から軽く粋を吸い込みながら噴霧しましょう。
その後は数秒感後ろに頭を傾け、鼻で静かに呼吸をしてお薬を鼻の奥まで行き渡らせてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です