解熱鎮痛剤って何がある?

解熱鎮痛薬にもいくつか種類がありますが、どんな効果や副作用があるのか知っていますか?

解熱鎮痛薬は有名な物だとロキソニンやボルタレンやカロナールなど様々な市販薬が販売されていますが、それぞれ成分の含有量が異なりますし、さらにNSAIDsとアセトアミノフェンという成分が使われている物に分けられるのだそうです。

解熱鎮痛薬は、痛みや腫れや熱を抑制する効果が期待できるという事ですが、SAIDsは抗炎症薬で痛みを抑制する作用があり、アセトアミノフェンは解熱鎮痛薬で抗炎症作用はないのだそうです。

解熱鎮痛薬の副作用として、SAIDsは胃の粘膜も抑制してしまう事があるので胃腸障害や腎障害、アスピリン喘息などの症状が出ると言われていますが、アセトアミノフェンは肝障害の症状が出ると言われていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です