色々な痛み止め、シップの効果とは?

痛みを和らげるために湿布薬を使っているという方も多いかもしれませんが、痛み止めの薬はどのくらい効果があるのでしょうか?

ロキソニンという痛み止めの薬が有名ですが、NSAIDという種類の薬で痛みを和らげる効果のある薬を胃で溶かして痛みを和らげるのだそうですが、長期的な服用は胃腸に副作用が出やすいと言われていますよ。

湿布薬は炎症している皮膚の部分に貼る事によって、その部分の熱を下げる事ができますが、痛み止めの薬が塗ってあるテープ状の外用薬も発売されているそうです。

胃で溶けるタイプの内服薬の痛み止めの方が作用が強いと言われていて、湿布などの外用薬は内服薬と比べたら効果は薄いと言われていますので、自分の症状や体質に合う物を使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です