医薬品の効果とリスクとは?

薬は適切に使用すれば、多くの辛い症状を和らげたり、病気の治癒にも期待できますが、全ての薬には何らかの副作用があるため、薬による利益とリスクについて考えて処方されているのです。

副作用も薬によって様々な症状があり、頭痛や吐き気や発疹といった軽度な物だけでなく、肝臓障害や心臓への重大な症状などもあるのです。

どんな副作用が起こるかの予測は難しく、服用する人の遺伝に原因があったり、飲み合わせなどによって引き起こる場合もあるのだそうです。

薬を服用する前に、その薬の効能と副作用について正しく理解し、疑問や不安のある方は医師や薬剤師にアドバイスをもらうと良いでしょう。

薬は必ず個人のみに処方されていますので、個人以外の人が服用するのは避けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です