赤ちゃんのインフルエンザ、薬の使い方とは

1歳未満の赤ちゃんのインフルエンザ対策に付いて悩んでいる親御さんもいるかもしれませんが、インフルエンザの予防接種は生後6ヶ月から受けることができるそうですよ。

1歳未満の赤ちゃんは、まだ免疫が十分でないためインフルエンザワクチンの接種は推奨されていませんが、心臓病や喘息など赤ちゃんの持病によってはワクチンを接種した方が良いケースもあるのだそうです。

保育園や幼稚園を利用しているため、インフルエンザ保持者と接触する機会があるなら、予防接種は医師に相談してみると良いでしょう。

1歳未満なら、他の多くの予防接種を受けなければなりませんが、ワクチンの種類で接種できる日数の間隔が異なりますので、スケジュールをよく確認しておく必要がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です