鼻炎薬は成分で選ぶべし!オススメの薬とは?

鼻炎薬にもいろいろ種類がありますが、選ぶなら成分を見て比較するのがオススメですよ。

鼻炎薬は、抗ヒスタミン薬の単剤と配合剤、ケミカルメディエーターの遊離抑制剤の単剤の3種類があり、抗ヒスタミンはクシャミや鼻水などのアレルギー反応全般を抑制する効果があります。

ケミカルメディエーター遊離抑制は、アレルギー反応を誘発する成分を抑制してアレルギー反応全般を抑えることができますし、抗コリンは鼻水に効果的で、血管収縮成分は鼻の血管に作用します。

成分によって作用する部位や症状が異なりますので、自分の症状に合わせて選ぶ必要がありますし、眠気の発生についても成分や体質によって異なりますよ。

自分に合う薬がどれか、説明をきちんと読んで選び、分からない場合には薬剤師に質問してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です