漢方には副作用があるのか?

近年では、ドラッグストアでもいろいろな種類の漢方薬を購入できるようになりましたが、漢方薬にも注意すべきことがありますのでご紹介いたします。

漢方薬は穏やかに効果が表れて体質を改善することができたり、副作用も無いと勘違いしている人が多いようです。

漢方薬はたしかに、患者の体質と合う物を服用すれば良い効果を発揮してくれますが、体質に合わない物を服用してしまったら副作用が表れるのだそうです。

漢方薬だけでなく、西洋薬やサプリメントなどにも何らかの副作用があるため注意が必要なのです。

漢方の主な副作用として肝機能障害や間質性肺炎、発疹や偽アルドステロン症などの症状が挙げられますので、漢方を飲んでこれらの症状が表れた場合には、使用を中止して病院を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です