便利な水なしカプセル薬、知らなかった副作用とは

症状を和らげるために薬を服用して、息苦しさや湿疹といった症状が出たという人もいるかもしれませんが、市販薬は効き目が弱いだとか、間違った服用方法も多少は大丈夫だという認識は大きな間違いですよ。

市販薬も、症状を和らげる作用があるだけでなく、飲み合わせなどで副作用が起きる可能性があるので、自分の体の健康を守るためにも間違った服用方法はやめましょう。

薬とお酒を一緒に飲んで死に至るケースも報告されていますし、過剰に薬を摂取すると脳神経系などの過剰な働きを抑えて、意識レベルにまで影響を与えるとのことです。

ですから、薬の説明書である添付文書に「服用後の車の運転は避けるように」と注意書きされている薬は危険度が高いと言えますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です