薬剤耐性の脅威とは

世界ではガンによる死亡者数が820万人を超えると言われていますが、薬に関するある問題が話題になっていますよ。

人間の体には健康を維持するための細菌がたくさん存在していますが、病原菌が増殖して感染症を起こすと医師から抗菌薬を処方されて、正しく服用することにより症状を改善させることができるのです。

しかし、抗菌薬を正しく服用しないと、薬が効かない細菌(薬剤耐性)が生まれることがあり、これにより感染症が治りにくくなったり、予防や治療も困難になる可能性があるため、手術などにも悪影響を及ぼす恐れがあるのです。

薬剤耐性を防ぐためには、抗菌薬についての正しい知識を身につけたり、医師の指示に従って必要な時だけ服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です