服用を中止すると危険な薬がある?

薬には用法用量があり、急に服用をやめてしまうと体に危険を及ぼす薬もありますので、そんな危険な薬についてご紹介いたします。

薬は、服用している間のみ効果が持続するため、自分の判断で勝手に服用を中止してしまうと体に危険なことがおこる可能性があるのです。

服用を中止すると危険な薬として、降圧薬は血圧に関係している薬であり、薬により血圧が落ち着いていても、服用を中止してしまうと血圧が急上昇して脳の疾患などを起こす危険性がありますよ。

ステロイド薬は、長期の服用でホルモンの分泌が低下してしまうことが考えられますが、急に服用をやめてしまうとホルモン欠乏症になり、発作が起こる可能性があるので、用法用量を守って医師の指示通りに服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です