薬の種類と正しい飲み方とは

飲むのを忘れてしまった薬のことを残薬と呼び、自宅で何年も前に処方された薬を見つけるということもあるかもしれませんが、薬が勿体ないですから薬の正しい飲み方を理解してから服用しましょう。

薬には色々な種類があり、内服薬の他に外用薬や注射薬に分けることができ、内服薬は錠剤やカプセル剤、粉薬や水薬などの形状がありますよ。

錠剤やカプセル剤の中には、苦くて飲みにくい薬をコンパクトに入っていて、体へ効果的に吸収されるようにコントロールしている場合もあるのです。

ほとんどの錠剤は、水かぬるま湯で服用しますが、水なしで飲める薬や噛み砕いて飲む薬も開発されていますよ。

注射薬は、直接針や管を介して体内に送り込む薬のことであり、外用薬は軟膏などの塗り薬が該当し、点眼薬や吸入薬など種類が豊富にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です