大衆薬と医療用の医薬品の違いとは

薬にも様々な種類がありますが、今回は大衆薬と医療用医薬品の違いについてご紹介いたしますので薬を購入する際の参考にしましょう。

大衆薬とは一般用医薬品のことであり、ドラッグストアに行けば誰でも買うことのできる薬のことですが、大衆薬は医師の処方箋が無くても安全に服用することができ、その代わりに効果は弱いと言われています。

医療用医薬品は、医師の診断を受けて処方箋をもらわないと買うことができない薬のことであり、医師の指示通りに用法用量を守って正しく服用することにより強い効き目を得ることができますが、副作用も強いという特徴があります。

大衆薬は、その人の体質によっては逆効果だったり、作用が得られないこともありますので、大衆薬を服用しても症状が改善しないという場合には、薬局や医師に早めに相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です