薬疹の時に原因薬を調べる重要性

様々な方法で薬を服用したことで生じた発疹のことを「薬疹」と呼びます。
内服薬はもちろん注射で薬を注入してもらった時にも起こり得ることで、本来の治療効果以外の症状ですから、薬疹も薬の副作用の一つです。

この薬疹を治す手段の一つには、使用している薬の全てをやめるというのが一般的です。
こう聞くと単に薬をやめればいいだけのようにも感じてしまいますが、原因の特定が出来ないまま放置してしまうと今後薬のアレルギーによってもっと酷い症状が、さらに最悪の場合には命にも関わる可能性があるのです。

そのため服用をやめると同時に原因となった薬を特定する必要がありますが、もちろんこれは簡単なことではありません。
方法としてはDLST、パッチテスト、スクラッチテスト、チャレンジテストが挙げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です