薬の副作用と相互作用を理解しよう

薬には体の不調を改善する効果だけでなく、体に悪影響を及ぼす副作用を引き起こす可能性もありますので服用には注意が必要ですよ。

例えば風邪薬を飲んで眠くなったり、薬の効果以外の症状が出ることがあるのです。

薬によっては、もともと沢山の作用を持っている場合が多かったり、薬の服用量が多いことにより強い効果が出ることで逆に害を及ぼすこともありますし、アレルギー持ちなど服用する人の体質によっても副作用が起こることがありますよ。

高齢者は代謝が落ちてしまっているために、薬を上手く体内で吸収できず、副作用が起こりやすいのだそうです。

眠気以外にも、皮膚への発疹・かゆみ、喉の渇きや胃のムカムカ、便秘や下痢、動悸などの副作用が表れることがありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です