薬依存の怖さについて

薬の依存してしまう方の傾向としては、止めることができるか不安になっている方の方が依存してしまう傾向が少ないようです。
そういった方は、薬をセーブし、おさえることができると解説されています。

また、薬に依存してしまう理由としては精神的な問題にあるということです。
人生の中で、人間は困難な障害が目の前に会ったときにそれに苦労を伴いながら乗り越えようとして、だんだんと人間的に成長していくと解説されています。

それが病気、不安障害を抱えているときにはそのハードルが高く感じてしまいます。それを薬の力を借りて乗り越えようとします。それに甘んじてしまうとさらに困難に向かい合ったときにさらに薬に頼ってしまうということになります。

しかし、薬を使用している方の方が、困難を経験していることから他人に役に立つことをすることも多くあるとおっしゃっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です