漢方薬の基本

漢方とは、日本における中国系の伝統医学を漢方と呼んでいるそうです。
漢方薬はいくつものの生薬を組み合わせて作られたもので、植物や動物、好物を組み合わせることがあるみたいですよ。

漢方診療もあるみたいで、四診(望診・聞診・問診・切診)によって、病気を捉え、パラメーターも総合的に判断し、処方の決定をするそうですよ。

気血水によって病態を把握することで、治療方針を立てることができるそうですので、処方する薬が変えられたりするのです。

抑うつの方や貧血の方、冷え性の方、高血圧の方、便秘の方等、たくさんいるかと思いますが、それにも種類がありますので、該当した漢方薬になりますのでご安心下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です