うつ病の薬と副作用

うつ病になると処方されるのが、抗うつ薬ですよね。
抗うつ薬は、飲みはじめてすぐには効果が現れず、しばらく続けていると徐々に症状が改善されてくるという特徴がある薬なのです。

しかし、抗うつ薬は、飲みはじめに副作用が現れてしまうことがあるようなのです。
SSRIが1番使われている薬なのですが、飲みはじめに吐き気やむかつき等の症状を表してしまうのです。大体は、段々と収まってきますので、不安な場合は医師に相談した方がいいでしょう。

そして、うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、診断を間違いやすく、見過ごされたりしますので、薬服用していくうちに、症状がおかしいと感じましたら、気のせいではなく、医師に相談した方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です