風邪薬の副作用

かかりつけ医が処方した薬の副作用が話題になっているそうですよ。
命の危険もあるそうですので、知っていても損はないでしょう。

副作用の名前は、スティーブンス・ジョンソン症候群といい、皮膚や粘膜の過敏症であり、皮膚粘膜眼症候群とも言うそうですよ。
症状は、発熱と風邪に似ているそうですが、進行すると水疱瘡みたいになったりし皮膚が壊死すると、さらに進行すると失明もあり得るそうですよ。

風邪引いた時に服用する薬で命の危険がある副作用としてあるので、知識なく薬を服用をすることはお勧めしません。
そして、風邪薬が必要ないと医師が言う理由も納得できるのです。
知識を持って服用すればとても効果があるそうですので、服用する際は医師の指示に必ず従いましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です